素粒水で農薬は無毒化できる?社長から直接聞いてみた結果を紹介する

素粒水についてご質問を頂くことが多いので、素粒水で農薬を落とせるのか解説します。

私もブログやインスタなどで、農薬を落とすことが出来るとご説明していますが、実際のところ、無毒化することは出来るのか?

 

先日、私の素粒水の代理店友達、末吉さんと中島さんと、フリーサイエンス社の社長にお会いしてきて、そこで質問をしてきましたので、その時にお話しした内容を元に解説します。

 

なお、情報の信頼性の担保のために、社長から頂いた名刺を添付しておきます。

お会いして実感したのは、とても素敵な社長さんだなって思いました。

それくらい、この素粒水に愛着を持たれていますし、この素粒水の魅力をしっかりと語って頂きました。^ ^

 

2018年10月19日に中野で行われた素粒水の浄水器とシャワーヘッドの説明会に行ってきました。

 

素粒水には化学物質を分解できる効果がある

素粒水には、化学物質を分解する効果があるということをご説明しました。

 

実際に、塩素やトリハロメタン、ダイオキシンについてはテストがちゃんとされています。

フリーサイエンス社の実施している素粒水の試験結果を引用します。

 

それによると、トリハロメタンは99.98%除去できていたという結果が出ています。

 

また、ダイオキシンも同様に検査したところ、使い終わりで99.4%取れていたと言います。

ダイオキシンの類は、今までの浄水器ではなかなか取るのが難しいと言われていました。

 

しかし、トリハロメタンもダイオキシンも有機塩酸系化合物です。

トリハロメタンは分解できていたので、ダイオキシンも検査したら取れるのではということで、調査されたそうです。

 

このような結果もあって、農薬も完全に除去できるのではないかって思いますよね。

 

実際はどうなのか?社長に直接お聞きしたところ、このような答えが返ってきました。

 

素粒水で農薬は無毒化出来るのか?

結論ですが、完全な除去は出来ないそうです。

 

特に水溶性の農薬などについては、農薬が野菜や果物の中に入ってしまいます。

そのようなこともあって、その農薬を完全に分解できるかというと難しいそうです。

 

ただし、普通の水道水や浄水器と比較すると、化学物質を分解する力が高いのは事実なので、ある程度は分解できると言います。

 

少し意識するか、しないかだけでも、体の中に摂取する量は大幅に変わるのも事実。

ですので、料理をする前には、野菜や果物を素粒水につける努力をすることは結構大切だったりします。

 

完全に無毒化ということは出来ないので、その点は注意してください。